ブログ

音楽瞑想 in 岡崎市図書館交流プラザ りぶら (2015.10.12 )

和心の会 音楽瞑想 2015.10.12

大人の心のケアと子供の健やかな成長を育むあいち社会貢献活動であり、真のリラクゼーションが体験できる第3回目の音楽瞑想が名古屋を飛び出し、岡崎市図書館交流プラザりぶらにて開催されました。

早朝から差し込む秋の暖かな日差しを体中にいっぱい浴びながら名古屋を出発したスタッフ。

しばらくして目に飛び込んできたのは、すでに多くの人達が施設の開場を待つ活気溢れる近代的なりぶらの建物でした。

151012音楽瞑想1

今回初めて利用させていただくこともあり、気持ちも徐々に上がってまいります。

午前9時ジャストの開場と共に受付を済ませ、向かった開催場所である3階の和室はまるでどこかの高級旅館のような佇まい。こんな素敵な場所で参加者様に音楽瞑想を体験していただけるなんて、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。

カラカラと格子状の引き戸を開けその奥の襖を静かに開けると・・・。

151012音楽瞑想3

151012音楽瞑想4

畳24畳ほどの瞑想にピッタリの広く落ち着いた和の空間がそこに鎮座していました。

瞑想の空間はやはり何を置いても潜在意識の中に安心して入るための落ち着ける場所が第一条件です。
りぶらの和室は改めてその大切さを教えてくれているようでした。

今回は開場と同時にすでに到着していた参加者様もいらっしゃいましたので、軽くお話もしながら順調に準備は進んでいきました。

151012音楽瞑想2

各自お好きな場所に座っていただき、気持ちが落ち着いてきたところで音楽瞑想の始まりです。

まず第一部では瞑想の基礎知識の説明とやり方から。

151012音楽瞑想5

テキストを見ながらみなさま真剣に聞き入ってくださっています。

最初にこの瞑想の説明とやり方を頭で理解していただくことは、より瞑想に入りやすくなる安心感に繋がるだけでなく、軽く瞑想のイメージもしていただけますので、この時点で潜在意識は本番の瞑想準備OKとなるんですよ。

ひととおり理解していただいた後、いよいよ第二部本番の音楽瞑想タイムへ。

151012音楽瞑想6

前半の体の気のクリアニングから流れるように後半の真のリラクゼーション瞑想に入っていきます。
誘導に合わせ各々深い癒しの領域に入っていくと、日常生活では決して得ることのできない心からの安心を感じることができます。

瞑想の40分間ではその安心の感覚を心ゆくまで体験していただけたようですね。

瞑想後のシェアタイムでは、今まで見られなかったイメージや感じられなかった不思議な体験を初めてすることができたという意見をとても多くいただけました。

実はこのイメージや不思議な体験も深い真の癒しに繋がるものなのです。

それぞれ体験されたものは違えども、この日の音楽瞑想で得た真の癒しは今後日常の生活に戻られても、参加者様のお気持ちを優しくサポートしてくれることでしょう。

特に辛い時悲しい時にこそ発揮されるその効力に再び癒されていただければ・・・と、心から願うスタッフでした。

今年度の音楽瞑想はこの第3回をもって終了です。
来年度のスケジュールは決定次第お知らせしてまいります。

これからも一人でも多くの方々に真の癒しを体験することにより、毎日落ち着いた気持ちで楽しく子育てをしていただけるよう、スタッフ一同力を合わせてまいります。

今後共応援をよろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る